季節限定ワッフルの

桜あんの風味の春らしいワッフル

キャラメルたっぷり

バターたっぷりの自家製キャラメル

チョココーティング

冬季大人気のチョココーティングのワッフル

サクサク、とろり

食べる時にちょっと温めて、キャラメルの味はふあああと口の中に広めて。。。

LogoMakr

1枚1枚手作り

ワーフルハウスの仕事楽が好きなスタッフが、手作りストロープワッフルを作っています。記事を作ってから、1枚1枚生地を手で丸めて、ワッフルメーカーで焼いて、出来立てワッフルを方で丸めて、スライスして、キャラメルを塗ります。この作業を楽しい環境で、その楽しさがワッフルの味に出ます。

ingredients

こだわりの材料

美味しいスウィーツを作るために良い材料が第一。ワーフルハウスでは値段気にせずに一番美味しい材料を探しています。国産小麦粉、北海道産のバター、国産の黒糖、など。ワーフルハウスでは自然な食材で保存料なしがウリです。

LogoMakr-7

儲けの目的ではない

ストロープワッフルの商売はお金にならない。販売の収入はほとんど人件費で吸収されています。ワーフルハウスの目的は美味しいワッフルです。もしお金目的だったら、マルちゃんが銀行を設立されていました。

eating

日本にはない食感

ストロープワッフルは日本でユニークなお菓子です。表面はサクサク、中身はしっとり。ちょっと温めると中のキャラメルは柔らかくなって、不思議な食感になります。

flavor

色なフレーバー

オランダの定番の味はシナモンです。ワーフルハウスはシナモンとバニラで始まった。それで、今は20種類以上のフレーバーを作っています。定期的に季節限定のフレーバーも出しています。

いつも改善しよう

定期的に新しいフレーバー、新しい商品を出すことは大事、またはあるフレーバーを改善することも大事。お客さんの提案があれば、是非連絡下さい。

提案する

ストロープワッフル

オランダの伝統的なキャラメル挟んだワッフル

ストロープワッフルはオランダのワッフル

名前はワッフル、見た目はゴーフル、食感はサクサク、しっとり

日本では神戸しかない

ストロープワッフル

焼きたて

焼きたてストロープワッフルは日本で神戸のワーフルハウスでしか食べれない。温かいサクサクのクッキー生地、トロリと温かいキャラメルで。日本にはない、日本で一つ、ワーフルハウスだけの食感。

持ち帰り

ストロープワッフルは袋つめにすると、日持ちはします。少なくても2ヶ月常温で大丈夫ですので手土産でも喜びます。オランダの定番のフレーバーはシナモンですが、ワーフルハウスでは20種類以上のフレーバーあります。

クッキー生地

1枚1枚手つくり、まずクッキ−生地、1個1個ボールをだいたい24グラムで丸めて、ワッフルメーカーに乗せて、1分ぐらい焼きます。
ボールは大きいすぎると切れ端は多い。ボールは小さすぎるとワッフルの形はきれいじゃない。

キャラメルたっぷり

ワーフルハウスのキャラメルも自家製、バターと砂糖で作られています。優しい、バターの濃厚の味、甘さは控えめ。ワッフルを焼いてから、スライスして、キャラメルを塗ってる。

ゴーダーのワッフル

ストロープワッフルは1778年、オランダのゴーダー市で生まれたワッフルです。ゴーダーは全世界のゴーダーチーズで有名な地名です。もともと、クッキーのクズの残りを再利用のために、ワッフル生地に練りこんで、キャラメルを塗って、安い商品として販売し始まった。

贅沢な洋菓子

ワーフルハウスのストロープワッフルはこだわりの材料を使って、贅沢な洋菓子になりました。和と西洋の文化を利用して、抹茶、柚子、胡麻とかのフレーバーを作成している。

キャラメル

材料こだわり

ワッフルの切れ端

丸めると切れ端

ストロープワッフルは一枚一枚を焼いてから丸めて、その切れ端は山のように余ります。オランダ人は倹約家で物を流れることはしない。オランダの青空市場で”クラウモー”として販売され血ています。

 

クラウモー

Kruimelはオランダ語のクッキーのクズという意味。ワーフルハウスでワッフルの切れ端をバーガー袋に入れて、温かいキャラメルをかけて、子供と学生さんに大人気な商品。

クラウモー・アイシュ

kruimel ijsjeアイシュはオランダ語で”小さいアイスクリーム”という意味です。ワーフルハウスで切れ端とバニラアイスクリームと自家製キャラメルをかけて、幸せなハルモニー

 

クラウモー

ワッフルの切れ端を再利用する

"ストロープワッフルは幸せの薬
食べたら、一瞬で幸せになる

だけどすぐ効果がなくなる"

マルちゃん